痛くない療法1998年〜普遍の法則

痛くない療法(基本原理は触って触れる普遍の法則)

身体を無痛で調整する 痛みが消える施術 良くなるネット

身体のゆらぎ1/f療法

身体にやさしい療法

 


f:id:a_chida3:20190215165309j:image

 

1998年に治療所を開設して現在で、21年目になります。

 

伝えやすい表現をと考えて、2004年ごろだったか記憶定かでありませんが、「ゆらぎ」といいう言葉を使いまして。『身体のゆらぎ1/f』と使って説明していた時期がありました。

 

音楽療法で「ゆらぎ」という説明がされています。心地よい音で身体に良い安らぎを与えるということです。

 

私どものしていることは音楽ではありません。しかし、身体の不快な症状や辛い痛みを取る手法で、身体に強い刺激を一切与えずに治療をしていきます。引っ張ったり、押したり、叩いたり、ゆする、そのようなことは一切いたしません。

 

痛み、不調な症状を解決するため、治療(ゆらぎ1/f)の主体は以下によります。

  1. 軀(からだ)の奥底全体に、心地よい刺激を脳に伝達する手法を行う。
  2. 皮膚の感触や動作で、筋肉や神経を介して脳に心地良い情報を伝える。
  3. 習慣化された筋肉の働きで、慣習化(癖がついた動き)された脳の学習効果を解く。
  4. 誤った身体リズムを解き、脳が学習した身体の歪みと実体の歪みを解く。
  5. 個体差あるヒトの身体反応は様々で、与える刺激と脳の反応を見極め手法する。

 

 

身体に与える、ゆらぎ1/fとは!

  • 心地良いと脳が感じるように、体に説いているのです。
  • 相手の体と施術している私との対話です。
  • 言葉を介さない対話です。
  • 治療に来られる方の意識ある動作ではありません。
  • 無意識の動作の中で脳に語りかけております。

 

施術中治療を受けてる間、眠りたくなったら、寝てしまっても構いません。

 

目が覚めたら、体が以前より楽になっていることでしょう。治っています。

 

摩訶不思議な施術の治療をしております。