原始原理法則で痛くない療法21年目〜

原始原理法則の痛くない療法(触って触れて治療する)

身体を無痛で調整する 痛みが消える施術 良くなるネット

事任八幡宮の梛の葉守札


f:id:a_chida3:20190609102836j:image
梛の葉の形に作った木に願いを込めて、早速に神棚に捧げております。

 

梛←なぎと読みます。

 

梛の木や葉は、いにしえより神が宿るとして大切にされてきました。梛の葉を守袋に入れて災難よけとされたり、葉に願いを託して神様に捧げた、と言い伝えられてます。

 


f:id:a_chida3:20190609103455j:image

 

事任八幡宮の梛(なぎ)の葉守札の台は、平成30年の台風24号で倒木した神木から造った物です。残り少ないですよ。

 


f:id:a_chida3:20190609110109j:image

 

倒木した神木は奇跡の話があります。

 


f:id:a_chida3:20190609110440j:image


下記の写真は境内にまだ夫婦杉倒木する前です。


f:id:a_chida3:20190609114047j:image

奥に稲荷社の鳥居が見えます。

倒木した時、鳥居を避けて倒れたのです。

コレは奇跡といえましょう。



f:id:a_chida3:20190609120416j:image

以前はこのように夫婦杉がありました。


f:id:a_chida3:20190609120445j:image

 

平成30年の台風24号での倒木では、小屋も潰れることなく、稲荷の鳥居も壊すことなくに倒れたのです。すごい話しですよね。

 

その夫婦杉の神木でできた台です。


f:id:a_chida3:20190609120822j:image

 

御利益。

何事にも守護されています。

感謝します。

 

さて、この日は事任八幡宮社務所にて講演会が行われておりました。

 


f:id:a_chida3:20190609121106j:image

 

山川紘矢さん山川亜矢子さんら夫妻とエレマリアさんとの講演会なのでした。

 

以前より、書籍「ザ・シークレット」という本などの翻訳の他にいくつかの書籍を読んで実際にお会いしたいと願っておりました。

 

エレマリアさんとは今年の正月の事任八幡宮の時にお会いできてお話ができました。コレもココ事任八幡宮でのつながりで叶いました。


f:id:a_chida3:20190609121511j:image

 

スピリチュアル

令和に入り加速していくようです。


f:id:a_chida3:20190609121536j:image

たいへんおもしろいお話を聴くことができました。ひとことでいうならば、'目覚めよ'ということです。楽しくやりたいことをして生きよ。誠にそう感じます。

 

わたしらも所持してる本に、サインをもらいました。

 


f:id:a_chida3:20190609121903j:image

 

サインは笑顔と崩さない書体で、しっかり書いてくださいました。


f:id:a_chida3:20190609121917j:image

 

その場の空気に触れるというのは大切なことですね。


f:id:a_chida3:20190609121936j:image

 

 

かみさんは、3年前にエレマリアさんの絵を社務所内で観て、ファンになりました。

 

持ってる本にサインを全てもらえました。ありがたい感謝です。

 

その時の様子。

 


f:id:a_chida3:20190609122525j:image

 


f:id:a_chida3:20190609122541j:image

 


f:id:a_chida3:20190609122555j:image

 


f:id:a_chida3:20190609122610j:image

 


f:id:a_chida3:20190609122632j:image

 

どれも、いい感じですね。

良かったよかった。

 

 

会場には、友人もおりました。


f:id:a_chida3:20190609121444j:image

 

山川紘矢さん、山川亜矢子さん、ひとりひとりに書籍にサインをされてる様子です。


f:id:a_chida3:20190609121719j:image


みえちゃんも感激ですね。

 

講演会の始まりに時間的余裕がありましたので、前々より気にっておりました事任八幡宮の奥にあります龍神社へ行って参りました。

 


f:id:a_chida3:20190609123751j:image

 

梅陰苑の脇を通り、少し降ります。


f:id:a_chida3:20190609123735j:image

 

鈴もありますよ。


f:id:a_chida3:20190609123557j:image

 

龍にはわたし産まれる前より縁があります。

私が産まれる少し前、母の胎内にいた頃は龍神社や龍にまつわるものが周囲にあったようです。

 

幼児期から少年期には龍に関するものがありました。太田子育て呑龍さん。上毛かるたに出てきます。

 

龍は出雲王朝の流れに関係したものに多いとか。特に東北地方には龍に関する神社と神話や信仰が多く見受けられるそうです。縄文時代でも龍や蛇は良い方の神様として受けていたようです。

 

海外では龍はドラゴン、蛇は魔物として避けられて悪魔の対象になっている信仰もあります。

 

どーも。この龍や蛇を白と見る民族と黒として避けてる民族があるようなんです。

 

大己貴命は蛇が絡んでます。注連縄は蛇が関係してます。大国主命大物主神、にまつわる所には兎、蛇、龍、現れます。十和田湖には龍にまつわる神社がありましたよね。

 

出雲の国譲り神話と蝦夷(えみし)やアイヌ、なんか古代の日本、原日本人、縄文人、なんかディープな関係があるような気がします。

「ひのもと」という言葉もそもそもは「日本」の指す言葉で無かったようですね。


f:id:a_chida3:20190609124345j:image

さて、龍神社。

龍神様は天と地と人をむすぶ神様なんですね。

 

f:id:a_chida3:20190609123808j:image

 

コチラは逆川です。

龍神社から川まで降りれるように、しっかり整備されてます。

 

事任八幡宮にいらして時間ある方、龍神社もどーぞ。入り口には梅陰苑というのがございます。


f:id:a_chida3:20190609132744j:image

 

コチラは、事任八幡宮の先祖代々の石碑がございます。


奥津城


f:id:a_chida3:20190609133619j:image

城があったのでしょうか。


f:id:a_chida3:20190609133637j:image

 

誉田家の先祖代々がいらしているという証しですね。継承するってすごいエネルギーが必要ですね。

 

f:id:a_chida3:20190609133658j:image

 

もう少し拡大して見ましょう。

 


f:id:a_chida3:20190609143320j:image

 

読めますか

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BycKB-gnfTp/

目覚めの話。楽しいトーク。ザ・シークレットの翻訳者夫婦に会えました。#山川紘矢#山川亜希子#エレマリア

 

https://www.instagram.com/p/ByeCQD9H4Ow/

以前に頂いたお守りを返して、新たに梛(なぎ)の葉守札を神棚に供えました。梛(なぎ)の木や葉は、いにしえより神が宿るとして大切にされてこました。梛(なぎ)の葉を守り袋に入れて災難よけとされたり、葉に願いを託して神様に捧げた、と言い伝えられてるそうです。この梛(なぎ)葉守札は、そのような言い伝えられにならって梛(なぎ)の葉の形に作っ木の願いを込めて神棚に捧げ持つものだそうです。葉守札の台は事任八幡宮の夫婦杉が倒木した時のを頂きました。木目は目に優しいですね。#事任八幡宮#夫婦杉#葉守札#梛の葉守札#神棚に#杉の木